宮次男(読み)みや つぎお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮次男 みや-つぎお

1928-1994 昭和後期-平成時代の美術史家。
昭和3年6月2日生まれ。東京国立文化財研究所情報資料部長をへて,昭和62年実践女子大教授。日本中世絵画史を専門とした。35年「醍醐寺(だいごじ)五重塔の壁画」(共同研究)で学士院恩賜賞。平成6年2月20日死去。65歳。三重県出身。東北大卒。著作に「一遍(いっぺん)上人絵伝」「合戦絵巻」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android