コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮田宏平 みやた こうへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮田宏平 みやた-こうへい

1926- 昭和後期-平成時代の鋳金家。
大正15年1月10日生まれ。宮田藍堂(らんどう)の長男。東京美術学校(現東京芸大)在学中の昭和21年日展に初入選し,翌年「月兎三趣釣花生」で特選。蝋型(ろうがた)鋳金によって縞柄(しまがら)意匠の装身具などをつくる。53年日展評議員。新潟県出身。著作に「蝋のいのち」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宮田宏平の関連キーワード五所平之助島津保次郎清水宏斎藤寅次郎溝口健二衣笠貞之助田坂具隆プドフキン山本嘉次郎伊藤大輔

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android