コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蝋型 ロウガタ

デジタル大辞泉の解説

ろう‐がた〔ラフ‐〕【×蝋型】

鋳金技法の一。中子(なかご)の表面を蜜蝋(みつろう)と松脂(まつやに)を混ぜたもので覆って原型を作り、粘土汁を混ぜた泥を塗って乾燥させ、加熱して蝋を溶かして空洞を作り、鋳型とする。これに溶かした金属を注入して鋳物を作る。古くは青銅器金銅仏の製作に用いられ、現代では精密鋳物で行われる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

蝋型の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門インベストメント鋳造法須賀松園(2代)四方竜文(初代)秦蔵六(?)唐物久兵衛佐々木象堂宮田宏平村田整珉宮田藍堂岡崎雪声鈴木長吉金属工芸歯科治療四方竜文宮田亮平大島如雲秦蔵六ロッソ鋳金

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蝋型の関連情報