コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家城巳代治 いえき みよじ

1件 の用語解説(家城巳代治の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

家城巳代治 いえき-みよじ

1911-1976 昭和時代の映画監督。
明治44年9月10日生まれ。昭和15年松竹大船撮影所にはいり,19年「激流」で監督デビュー。25年退社,28年独立プロによる「雲ながるる果てに」で注目される。32年「異母兄弟」がチェコのカルロビ-バリ国際映画祭グランプリを受賞。昭和51年2月22日死去。64歳。東京出身。東京帝大卒。作品はほかに「裸の太陽」「ひとりっ子」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の家城巳代治の言及

【日本映画】より

…戦前にも独立プロはあったが,この戦後の独立プロ・ブームの特徴は左翼独立プロを中心とするところにあった。 これらの独立プロから山本薩夫《箱根風雲録》《真空地帯》(ともに1952),《太陽のない街》《日の果て》(ともに1954),《浮草日記》(1955),《台風騒動記》(1956),亀井文夫《母なれば女なれば》(1952),《女ひとり大地を行く》(1953),家城(いえき)巳代治《雲ながるる果てに》(1953),《ともしび》(1954),《姉妹》(1955),《こぶしの花の咲く頃》(1956),《異母兄弟》(1957),今井正《山びこ学校》(1952),《にごりえ》(1953),《ここに泉あり》(1955),《真昼の暗黒》(1956),新藤兼人《原爆の子》(1952),《女の一生》(1953),《どぶ》(1954),吉村公三郎《夜明け前》(1953),《足摺岬》(1954),五所平之助《朝の波紋》(1952),《煙突の見える場所》(1953),今泉善珠《村八分》(1953),山村聡《蟹工船》(1953),それに日教組製作の《ひろしま》(1953。関川秀雄監督)といった作品も生まれた。…

※「家城巳代治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

家城巳代治の関連キーワード増村保造ジャーマン中島貞夫青柳信雄荒井英郎岸松雄鈴木重吉関川秀雄千葉泰樹山本晋也

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

家城巳代治の関連情報