コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家族の日 かぞくのひ

3件 の用語解説(家族の日の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

家族の日

戦後、「家庭の日」といえば、毎日農作業追われる農村地区で、「過剰労働を防ぐため」農作業を全村一斉に休む日として設定されたものである。それが、サラリーマン社会になって、週に1日、2日の休日が当たり前になると、その存在は忘れられていた。しかし近年、出生率低下が政策課題となり、少子化の原因の一つに、家族団欒(だんらん)の機会が少なくなっていることが挙げられるとの意見もあった。政府は2007年から11月第3日曜日を「家族の日」と定め、家族の重要性について考えてもらうための日を設けた。前後各1週間を「家族の週間」とし、様々な行事が行われている。

(山田昌弘 東京学芸大学教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

家族の日
かぞくのひ

11月の第3日曜日。内閣府が家族・地域のきずなの重要性について集中的によびかけるため、「家族の週間」(家族の日の前後各1週間)とともに制定し、2007年(平成19)より実施している。内閣府では、少子化対策について長期的な視点にたった社会の意識改革を行うため、「家族・地域のきずなを再生する国民運動」を展開しているが、家族の日・家族の週間の期間を中心としてこの運動を実施しており、関係省庁、地方公共団体、民間の関係団体等と連携・協力し、講演会や各種のイベントなどを全国各地で開催している。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

家族の日の関連情報