コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少子化問題

2件 の用語解説(少子化問題の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

少子化問題

70年代後半から出生数は減少傾向で、女性1人が生涯に産む子どもの平均数を示す「合計特殊出生率」は07年に1.34に低下。55年に人口は約9千万人まで減り、高齢化率(65歳以上の割合)は4割と予想されている。

(2008-12-11 朝日新聞 朝刊 政策総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

少子化問題
しょうしかもんだい

少子化とは、出生率の低下に伴って、将来の人口が長期的に減少する現象をさす。日本の出生率は、第二次世界大戦後、継続的に低下し、すでに先進国のうちでも低い水準となっている。出生率の低下は、直接には人々の意識の変化に基づくものであるが、その背景として経済社会環境の変化が重要である。とくに日本では、社会における男女の固定的な役割分担を暗黙の前提とした職場での働き方が、女性の就業継続と結婚・子育てとの両立を困難にしており、それが女性の高学歴化・就業化の進展のなかで、出生率低下の大きな要因となっている。
 この結果、すでに労働力人口が減少し、経済活動や所得の増加率が低下するとともに、現役世代の税・社会保障負担が持続的に高まり、経済社会の活力を損ねることが危惧(きぐ)されている。女性の働き方との関係で、結婚や出産の自由な選択を妨げている現行の制度・慣行などを改善し、人口の年齢構成の変化に大きく左右されない社会制度を構築することが、少子化に対応した政策の基本となる。[八代尚宏]

少子化の背景


少子化の現状
日本の年間出生者数は、第二次世界大戦後のベビーブーム期の1949年(昭和24)に270万人と第一のピークを記録し、その「団塊の世代」が出産期を迎えた1973年に第二のピークを迎えた。しかし、その後は2010年(平成22)の107万人にまで一貫して減少している。これは家族による産児抑制を反映して異常な落ち込みを示した1966年丙午(ひのえうま)の年の136万人をはるかに下回る水準となっている。また「合計特殊出生率(1人の女性が生涯に生む平均的な子供数)」でみると、第二次世界大戦後のピーク時の4.54(1947)から1.39(2010)と大幅な低下となっている。出生率が徐々に低下する傾向自体は、先進国に共通した社会現象であるが、その水準には大きな格差がみられ、日本の出生率は、すでにドイツ、イタリアと並んで相対的に低い水準にある。
 現在の出生率は、人口を安定化させるために必要な水準(2.08人)をはるかに下回っており、1975年に1.91を記録してからは、2.00を超えていない。このため、生産年齢人口(15~64歳)は、すでに1995年(平成7)から減少を始めており、人口全体も、1億2806万人(2010)前後をピークに減少に転じるものとみられる。人口の将来推計(2012)では、2060年には8674万人と、今後50年間で4000万人以上も減少すると見込んでいる。[八代尚宏]
少子化はなぜ問題か
出生率の低下については、そもそも人口が減ること自体がなぜ問題か、という疑問がある。地球上の人口は増加の一途をたどっており、日本でも大都市における人口過密は著しい。これが21世紀に入って減少に転じることは自然な現象であり、むしろ望ましいという見方さえある。しかし、子供は将来の消費者であるとともに、生産活動を支える労働者でもある。経済活動の基礎となる労働力供給の減少は、投資や貯蓄を減らし、長期的には所得の向上を抑制する大きな要因となる。戦後の日本では、豊かで質の高い労働力の増加が日本経済の高成長を支える原動力となってきたが、こうした条件が21世紀には根本的に崩れることになる。
 また、今後の日本の人口減少は、年齢間の人口構成の不均衡な拡大を伴って生じることも大きな問題である。出生率の低下は、より若年層に大きく偏った形での勤労世代人口の減少をもたらし、人口全体に占める高齢者比率を引き上げる。このため高齢者の扶養負担が、政府と家庭の双方で高まり、所得水準の低下と税や社会保障負担の増加という「二重の負担」を勤労世代に強いることになる。したがって、現在の豊かな生活水準を維持したままで、人口だけが減少し、都市の混雑が避けられるという都合のよい状況にはならない。
 他方で、子供をもつか否かは家族の私的な意思決定であり、過去の「生めよ増やせよ」の政策のように、政府によって干渉されるべきではないといった原則論もある。しかし、出生率の低下の主たる要因が、新しい経済社会環境の変化に適応しない過去の制度・慣行が、家族にとって望ましい数の子供をもつことを妨げていることにあるとすれば、それらを取り除くための政策は、家族にとっても社会にとっても望ましいはずである。[八代尚宏]

少子化の要因


出生率低下と未婚率上昇
なぜ出生率が低下するのかという基本的な要因については、人々の間に十分な合意は得られていない。たとえば、所得水準の低下や教育問題など、将来の社会に対する人々の不安感や住宅確保のむずかしさなどの要因が、子供をもつことへの躊躇(ちゅうちょ)となって現れるという見方がある。しかし、出生率は世界でも日本でも、過去の貧しい時代に高く、むしろ経済発展に伴って低下する傾向がみられる。こうした出生率の低下は、景気のよいときにも悪いときにも、共通してみられる継続的な現象であり、過去の高い経済成長の時期にも生じていた。
 経済発展に比例して出生率が低下することの基本的な要因は、所得の増加以上に「子育てのコスト」が高まるためと考えられる。その意味で少子化は、経済社会の変化に対応した個人にとって「合理的」な行動の結果である。先進国の間での出生率の違いは、この子育てのコストが社会の仕組みの違いによって大きく異なるためとみられる。
 日本の出生率の低下を時期別にみると、以下のような二つの時期に分けることができる。まず、第二次世界大戦後のベビーブーム期から1970年ごろまでの出生率の急速な低下は、夫婦の産児抑制の急速な普及を背景に、幼児死亡率の低下や、子供数の多い自営業世帯比率の低下や都市化の進展などで、子供を4人以上もつ多子家族が激減したことによる面も大きい。
 しかし、この既婚者のうちでの子供数減少の影響は、1960年代以降ではほとんど出尽くしており、1980年以降の出生率の継続的な低下は、もっぱら未婚率の高まりによるものとなっている。これは、未婚者から生まれる子供の比率が2%にすぎない日本では、出生率を引き下げる直接的な要因となる。このため、出生率の動向を考えるためには、人々の婚姻行動変化の要因分析が大きな鍵(かぎ)となる。[八代尚宏]
女性就業の高まりと意識の変化
男女の未婚率は傾向的に高まっており、国勢調査によれば、25~29歳の女性の未婚率は1950年(昭和25)の15%から2010年(平成22)には60%と、これまでにない高水準に達している。この未婚率の高まりの社会学的な説明として、欧米諸国と異なり、未婚の子供が男女を問わず、就業後も両親と同居する「子の親離れ不適応(いわゆる「パラサイト・シングル」)」現象も指摘されている。しかし、未婚率の上昇とその結果である出生率の低下という現象(人々の意識や行動の変化)は、背後にある経済社会環境の変化によるものと考えれば、その大きな要因として、女性の高学歴化と社会進出が考えられる。日本の出生率が、1960年以降、合計特殊出生率2.1の水準で安定していた状況から、継続的な低下に転じた1970年代中ごろ以降の大きな社会的変化として、ホワイトカラーとしての女性就業の増加がある。
 2005年に実施された出生動向基本調査(国立社会保障・人口問題研究所)によると、35歳未満の未婚女性の90%(男性は87%)が「いつかは結婚するつもり」と答えている。しかし、女性の高い賃金職種への進出は、それだけ、結婚や子育てにより就業継続の機会を失うという意味での「機会費用(逸失所得)」を増やす要因となる。その結果、女性の平均的な賃金水準の高まりに伴い、より長い時間をかけた結婚相手の探索行動が合理的な行動となる。また、女性の高学歴化と結び付いた経済的地位の向上によって、結婚自体がかならずしも最終的な目的ではなく、未婚のままでいることも選択肢の一つとなっている。
 女性の四年制大学への進学率の上昇ペースは1990年代にやや加速し、2010年度には45.2%に達している。また、単に平均的な大学進学率が高まっているだけでなく、その専攻分野が、女性が伝統的に集中していた文学部や教育学部から、法律や経済、理工学部など、より収入の高い就業機会と結び付く分野へシフトしていることも大きな特徴である。女性の大学進学率は男性の56.4%と比べるとまだ低いため、前記の動向を考慮すれば、今後、さらに高まる余地は大きい。
 前出の出生動向基本調査によると、女性の初婚年齢は学歴に比例して高く、四年制大学卒では27.9歳と高校卒と比べ1.5歳も高い。
 男女に共通したこのような高学歴化の進展は、子供をもつことに対する親の考え方が、「少なく生んでだいじに育てる」という意識へと変化したことに対応している。こうした子供への需要が「量から質」へと転換したことは、子供を労働力や跡継ぎとして量的に確保しなければならなかった自営業中心の時代から、純粋に愛情の対象として考えるホワイトカラー中心の時代への産業・職種構造の転換を反映している。[八代尚宏]
女性就業と両立しない雇用慣行
女性の就業率の高まりと出生率低下との関係は、ほかの先進国では明確ではなく、むしろ日本と比べて女性の就業率の高い北欧諸国のほうが出生率も高いという、日本とは逆の関係もみられる。これは、女性にとって仕事と子育ての両立がむずかしい日本の社会的な状況が、女性就業の増加とともに、子供をもつことと密接に結び付く結婚自体のコストを高めている要因と考えられる。
 この基本的な要因としては、日本の企業では、これまで男性が働き、女性が家事・子育てを行う固定的な役割分担を前提とした長期雇用・年功賃金の慣行が支配的であったためと考えられる。これは以下のような点で、女性の就業と育児との両立を困難なものにしている。
 第一に、企業が従業員に対して多くの訓練費用を投資し、長期的な雇用保障を行うことの代償として、慢性的な長時間労働が一般的となっていることである。これは夫が働き、妻がそれを支援するという家庭内での夫婦の役割分担を前提とした働き方であるため、結婚・出産後の女性にとって、男性と同じような慢性的な残業を前提とした働き方を継続することが著しく困難になる。
 第二に、日本の企業が、その内部で仕事を通じた訓練を重視することから、サラリーマンにとって、社内で多様な仕事を経験するための頻繁な配置転換や転勤が日常のものとなっていることがある。これは、家庭の事情よりも会社の都合をつねに優先することができる「内助の功」付きの男性社員を主とし、そうでない女性社員を従とするという職場での役割分担に基づいている。このため共働きの夫婦にとって、いずれかの転勤は、女性の就業を中断せざるをえないことの大きな理由の一つとなっている。
 第三に、子育てを終えた女性が再就職する際に、正社員としての中途採用機会が乏しいことである。これは長期雇用保障の盾の半面であり、また職種別ではなく年功型賃金の下では、企業にとって中高年社員の採用意欲は乏しい。このため子育て後の女性の再就職機会は、パートタイム等の非正規社員に限定される場合が多い。
 こうした女性の就業継続と結婚・子育てとの両立の困難さが予見される場合には、結婚のコストは就業を継続していれば得られたであろう生涯賃金に比例する。これは女性の高学歴化と経済的地位の向上とともに持続的に高まっている。かりに、従業員の熟練形成を、新卒採用中心の特定の企業の負担で行うのではなく、大学など外部の機関や多様な職業経験を通じて個人の負担を主に行うシステムであれば、質の高い中途採用機会も広がる。また、個人の職種内容の専門性がより重視されれば、頻繁な転勤の必要性も少なく、夫婦間の家事・育児の分担によって子供をもつ女性の就業継続の可能性はそれだけ高まる。このように、日本の世帯主を中心とした雇用慣行が、女性にとって結婚・子育てのコストを著しく高めている要因となっている。[八代尚宏]

少子化への対応策


子育て費用の軽減
少子化の主たる原因が、社会経済環境変化に伴う子育て費用の増加と考えれば、それを軽減させることが最大の少子化対策となる。このため、児童手当の増額などが、しばしば少子化対策として提唱される。しかし、家族が子供にかける平均的な費用の増加は、むしろ子供を少なく生んでだいじに育てるという「子供の量から質への転換」という家族行動の結果によるものと考えれば、児童手当のような金銭面に限定した公的助成の効果には限界がある。
 子育ての最大の費用は教育費であるが、とくに日本のように大企業に選抜されるために、よりよい学校歴を求め、若年時から学習塾などの費用を必要とするような教育需要を前提とすれば、他人と比べた教育への投資量の差が重要な要件となる。このため、かりに平均的な学校教育の費用を政策的に軽減したとしても、それが家族の教育費用の負担減をもたらす保証はない。
 男女にかかわらず、仕事をもつことがしだいに普遍的な状況となっていることを前提とすれば、家族にとって、子育ての費用のうち母親のよい就業機会が制約されることから生じる「逸失所得」がもっとも大きなものとなる。学校卒業後に就職し、結婚・出産退職で、子育て後にパートタイマーとして再就職する典型的な場合の女性の生涯所得を、正社員のままで定年まで勤務する場合と比較すると、その逸失所得の金額は、子育ての金銭的な費用をはるかに上回る水準となる。
 この非金銭的費用を軽減するためには、女性の生涯ベースでの就業継続と子育てとの両立を図れるような社会的な制度・慣行が必要とされる。これには
(1)企業内で男女がともに家事・子育てとの両立が可能な働き方(ワーク・ライフ・バランス)への転換
(2)かりに子育て期に退職しても、その後、良好な再就職機会が得られやすい労働市場の整備
(3)夜間・休日保育等の弾力的な保育サービスの供給
などがある。[八代尚宏]
具体的な改革の方向
第一に、働き方の改革がある。育児休業制度の普及や、その間の無給を雇用保険で補償する制度が設立されたものの、休業明けの子育てへの制約は大きい。雇用保障の代償として長時間勤務、配置転換・転勤を当然とする現行の雇用慣行が、とくに共働き世帯にとって、大きな桎梏(しっこく)となっている。これを、勤務時間、職種や働き場所を被雇用者が選択できるような多様な働き方を雇用者が容認する形態へと転換することは、共働きの子育て世帯にとって重要な要件となる。また、時間管理に縛られないフレックス・タイム(労働者が一定の時間帯のなかで労働の始期と終期を自由に決定できる労働時間制)や、賃金を労働時間の長さではなく仕事の成果によって決める制度が普及すれば、子育てに伴う時間的な制約も緩められる。さらに、年齢や扶養家族の有無にかかわらず、同一職種であれば同一賃金の原則に近づけることは、中途採用機会を拡大させるための一因ともなる。
 第二に、生活環境の改革である。大都市における長い通勤時間も、共働き世帯にとってはコストが大きく、職住の近接が不可欠となる。これまでの住宅政策は、税制や公的融資を通じて、都市中心部の賃貸住宅よりも郊外に多い持ち家住宅を優遇しており、企業の通勤手当も、事実上、遠距離通勤を補助する制度である。夫婦がともに通勤し、職住近接を望む共働き世帯と比べて、伝統的な家族を前提とした住宅政策は、子育てと仕事との両立を図る共働き世帯には不利なものとなっており、今後の多様な働き方の進展に応じた、人々の自由な住宅選択を妨げるものとなっている。
 第三に、利用者本位の保育サービスである。育児と仕事の両立を実現するために子育て支援制度(エンゼルプラン)や緊急保育対策等5か年事業などによって、都市部での保育所の定員は増加しているものの、公的助成をほとんど受けられない認可外保育所の利用者は依然多い。これは現行の保育所政策が、子供をやむをえず預けて働かなければ生活できない人々のための「福祉」として行われており、公立などの認可保育所では、時間延長保育・休日保育・病児保育などの保育サービスの提供が困難なためである。しかし、今後、ほかの先進国同様、多くの家庭が夫婦共働きになる時代には、利用者本位の保育サービスが必要とされる。そのためには質の高い多様な保育サービスを提供する官民の事業者が、対等な立場で競争する、質の高い「保育サービス産業」の育成が前提となる。[八代尚宏]
少子化社会への戦略
少子化は、それ自体が大きな社会的な問題であるが、同時に、別の社会的なゆがみが、未婚率の高まりや出生率の低下の形で現れていると考えられる。柔軟な就労形態が可能な自営業と比べて、会社勤めなどをする女性の場合には、就業継続と子育てとの両立は困難である。これには日本の企業内での働き方と、子育て支援策の乏しさが大きく関係している。企業がその社員の雇用の安定を保障し、企業の存続は政府の規制で守るという形での日本社会の安定メカニズムは、第二次世界大戦後、50年間にわたってよく機能してきた。しかし、男女の固定的な役割分担が支配的な社会では、女性の就業継続と結婚・出産とが両立できにくい。これまでのような結婚退職が文句なく受け入れられていた時代にはともかく、結婚・出産よりも就業継続を優先させる傾向が強まっている今日では、出生率の低下が続く可能性が大きい。
 これに対して、「女性を家庭に戻す」といった、時計の針を昔に戻すような思想ではなく、就業継続と子育てが両立できるような新たな社会的システムに変えることが必要となる。家族が子供をもつことを妨げているさまざまな社会的要因のうち主要なものとして、男女の固定的な役割分担に依存した日本的雇用慣行と、福祉の枠組みにとらわれた保育所の制約がある。女性の就業率の高まりという社会的変化を抑制するのではなく、就業と結婚・子育てとが両立できるような既存の社会的制度・慣行の変革が、少子化社会への基本的な戦略となる。[八代尚宏]
『八代尚宏著『結婚の経済学』(1993・二見書房) ▽阿藤誠編『先進諸国の人口問題』(1996・東京大学出版会) ▽八代尚宏著『日本的雇用慣行の経済学』(1997・日本経済新聞社) ▽八代尚宏著『少子・高齢化の経済学』(1999・東洋経済新報社) ▽阿藤誠編『現代人口学――少子高齢社会の基礎知識』(2000・日本評論社) ▽島田晴雄編著『高齢・少子化社会の家族と経済――自立社会日本のシナリオ』(2000・NTT出版) ▽袖井孝子編著『少子化社会の家族と福祉――女性と高齢者の視点から』(2004・ミネルヴァ書房) ▽大淵寛・阿藤誠編著『少子化の政策学』(2005・原書房) ▽樋口美雄・財務省財務総合政策研究所編著『少子化と日本の経済社会――2つの神話と1つの真実』(2006・日本評論社) ▽日本財政学会編『少子化時代の政策形成――財政研究2』(2006・有斐閣) ▽高山憲之・斎藤修編『少子化の経済分析』(2006・東洋経済新報社) ▽八代尚宏著『労働市場改革の経済学』(2009・東洋経済新報社) ▽内閣府編『少子化社会白書』各年版(ぎょうせい) ▽山田昌弘著『パラサイト・シングルの時代』(ちくま新書) ▽八代尚宏著『新自由主義の復権』(中公新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

少子化問題の関連キーワード胃癌労働力人口出生率親父狩ゴスロリ出生数の推移真岡鉄道増える業務部門のCO2排出量

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

少子化問題の関連情報