宸襟(読み)シンキン

  • ×宸襟

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 天子の御心。おおみこころ。
※三代格‐一・弘仁格式序(820)「然而顧先緒之未一レ遂、切堂搆於宸襟
※平家(13C前)七「平氏宸襟を悩まし、仏法をほろぼす間」 〔何遜‐九日侍宴楽遊苑詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android