宸襟(読み)シンキン

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐きん【宸襟】

〘名〙 天子の御心。おおみこころ。
※三代格‐一・弘仁格式序(820)「然而顧先緒之未一レ遂、切堂搆於宸襟
※平家(13C前)七「平氏を悩まし、仏法をほろぼす間」 〔何遜‐九日侍宴楽遊苑詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android