寄物陳思歌(読み)モノニヨセテオモイヲノブルウタ

デジタル大辞泉の解説

ものによせておもいをのぶる‐うた〔ものによせておもひをのぶる‐〕【思歌】

万葉集で相聞(そうもん)に属するの一類。ある物によせて間接的に心情を述べた歌。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ものによせておもいをのぶるうた【寄物陳思歌】

万葉集に見える相聞歌の一種。直接でなく、ある物に寄せて自分の心情を述べる歌。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ものによせておもいをのぶる‐うた ものによせておもひをのぶる‥【寄物陳思歌】

連語万葉集における、表現様式による作品の分類(部立(ぶだて))の一つ。正述心緒歌(ただにおもいをのぶるうた)、譬喩歌(たとえうた)などとともに、相聞に属する。直接でなしに、ある物を借りて自己の意志をのべた歌。詩の六義(りくぎ)のうち、比にあたる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の寄物陳思歌の言及

【譬喩歌】より

…《万葉集》中の相聞(そうもん)の歌を表現様式上から3分類した名称の一つ。正述心緒歌(ただにおもいをのぶるうた)(心に思うことを直接表現する),寄物陳思歌(ものによせておもいをのぶるうた)(物に託して思いを表現する)の2分類と並び,物だけを表面的に歌って思いを表現する,いわゆる隠喩(いんゆ)の歌をいう。しかし寄物陳思歌との境界が不明瞭な場合もある。…

※「寄物陳思歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android