コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄物陳思歌 モノニヨセテオモイヲノブルウタ

デジタル大辞泉の解説

ものによせておもいをのぶる‐うた〔ものによせておもひをのぶる‐〕【思歌】

万葉集で相聞(そうもん)に属する歌の一類。ある物によせて間接的に心情を述べた歌。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ものによせておもいをのぶるうた【寄物陳思歌】

万葉集に見える相聞歌の一種。直接でなく、ある物に寄せて自分の心情を述べる歌。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の寄物陳思歌の言及

【譬喩歌】より

…《万葉集》中の相聞(そうもん)の歌を表現様式上から3分類した名称の一つ。正述心緒歌(ただにおもいをのぶるうた)(心に思うことを直接表現する),寄物陳思歌(ものによせておもいをのぶるうた)(物に託して思いを表現する)の2分類と並び,物だけを表面的に歌って思いを表現する,いわゆる隠喩(いんゆ)の歌をいう。しかし寄物陳思歌との境界が不明瞭な場合もある。…

※「寄物陳思歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

寄物陳思歌の関連キーワード譬喩歌相聞歌万葉集

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android