譬喩歌(読み)ヒユカ

世界大百科事典 第2版の解説

ひゆか【譬喩歌】

《万葉集》中の相聞(そうもん)の歌を表現様式上から3分類した名称の一つ。正述心緒歌(ただにおもいをのぶるうた)(心に思うことを直接表現する),寄物陳思歌(ものによせておもいをのぶるうた)(物に託して思いを表現する)の2分類と並び,物だけを表面的に歌って思いを表現する,いわゆる隠喩(いんゆ)の歌をいう。しかし寄物陳思歌との境界が不明瞭な場合もある。〈ぬばたまのその夜の梅をた忘れて折らず来にけり思ひしものを〉(巻三)は女性を梅にたとえた譬喩歌である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひゆか【譬喩歌】

万葉集における歌の分類の一。表現技法に基づく分類で、心情を直接表現せず、何かにたとえて詠んだ歌。内容は主として、恋歌。巻三・巻七等に部立てとしても見られる。たとえ歌。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

譬喩歌
ひゆか

『万葉集』の歌の分類の一つ。『万葉集』では「正述心緒(ただにおもひをのぶる)」の歌、「寄物陳思(ものによせておもひをのぶる)」の歌とともに、物のみを表に出して心に思うことをたとえる「譬喩」の歌をたてており、表現方法を基とした歌の3分類の一つである。なお、『万葉集』では、歌を詠んだ事情や動機を基に、雑歌(ぞうか)、相聞(そうもん)、挽歌(ばんか)の3分類もたてているが、これとは異なった分類基準による分け方である。譬喩歌では、心の思いは、歌の表に出したものに隠されて直接には表現されず、また、恋歌に限られている。「託馬野(つくまの)に生ふる紫草衣(むらさききぬ)に染(し)めいまだ着ずして色に出でにけり」(万葉集)。平安時代以後この分類名がみられないのは、和歌において譬喩的表現が一般化したためであろう。[新井栄蔵]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ひゆ‐か【譬喩歌】

〘名〙 万葉集の歌の部類の一つ。正述心緒歌・寄物陳思歌と共に表現方法を基準とした分類で、心情を表に表わさず、隠喩法的に詠んだ歌をいう。大部分、恋愛感情を詠む。万葉集中、総計一六三首あるが、一首全体が完全な隠喩になっているものは約一〇〇首。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android