寄目(読み)よりめ

精選版 日本国語大辞典「寄目」の解説

より‐め【寄目】

〘名〙
文楽の人形の目で、はめこみになっている両眼球を、同時に中央へ寄せたり、左右に動かしたりすることのできる仕掛けのあるもの。寄り目を遣う時は、同時に眉を動かすことが多い。
② 物をみつめたとき、一方の目が内側を向く目。内斜視俗称
※父の詫び状(1978)〈向田邦子〉鼻筋紳士録「牡の虎猫だが細面の寄り目で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「寄目」の解説

より‐め【寄(り)目】

左右のひとみが内側に寄っていること。また、その目。内斜視の俗称。
文楽人形で、はめ込みになっている両眼球を、中央に寄せたり、左右に動かしたりできる仕掛けのある目。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android