コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

密庵咸傑 みったんかんけつ Mi-an-xian-jie

1件 の用語解説(密庵咸傑の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

密庵咸傑
みったんかんけつ
Mi-an-xian-jie

[生]重和1(1118)
[没]淳煕13(1186)
中国,南宋の臨済宗揚岐派の高僧。福州福清県 (福建省) の人。応庵曇華の法嗣。径山 (きんざん) 万寿寺,霊隠寺などの諸大寺に住し,晩年,四明天竜山に隠退して没した。璋禅人に与えた法語の『密庵咸傑墨跡』 (国宝) が日本に将来され,京都,大徳寺の竜光院に伝わる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の密庵咸傑の言及

【臨済宗】より

…臨済宗は宋代の士大夫(したいふ)階層の支持を得てしだいに隆盛におもむき,初め黄竜派が発展したが,のち楊岐派がこれに代わった。特に大慧宗杲(だいえそうこう)は公案による参禅工夫の禅風を完成し,虎丘紹隆(くきゆうじようりゆう)の門流密庵咸傑(みつたんかんけつ)は,松源崇岳(しようげんすうがく),破庵祖先(ほあんそせん)など多数の逸材を養成し,松源派,破庵派などの大門派を形成し,楊岐派の基礎を固めた。 日本に初めて本格的な臨済禅をもたらした栄西は,虚庵懐敞(こあんえじよう)に嗣法して黄竜派の臨済禅をもち帰った。…

※「密庵咸傑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

密庵咸傑の関連キーワード組合せ階乗差分方程式数値積分スターリングの補間公式リーマン幾何学勃・歿・没三角数久松重和

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone