コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士川義之 ふじかわ よしゆき

1件 の用語解説(富士川義之の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富士川義之 ふじかわ-よしゆき

1938- 昭和後期-平成時代の英文学者。
昭和13年9月13日生まれ。富士川英郎(ひでお)の子。都立大(現・首都大学東京)助教授などをへて,平成4年東大教授。のち駒沢大教授。19世紀末イギリスの唯美主義者ペイターの研究を中心に現代英米文学,幻想文学にも関心をひろげる。27年「ある文人学者の肖像 評伝・富士川英郎」で読売文学賞評論・伝記賞。岡山県出身。東京教育大卒。著作に「風景の詩学」「ある唯美主義者の肖像」「英国の世紀末」,訳書にナボコフ「断頭台への招待」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

富士川義之の関連キーワード小池滋鈴木日出男高山宏辻隆西村孝次別宮貞徳柳瀬尚紀矢本貞幹由良君美湯川豊

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

富士川義之の関連情報