コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士川英郎 ふじかわ ひでお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富士川英郎 ふじかわ-ひでお

1909-2003 昭和-平成時代のドイツ文学者。
明治42年2月16日生まれ。富士川游(ゆう)の4男。昭和31年から44年まで東大教授。ドイツ現代詩,とくにリルケの翻訳・研究家として知られる。江戸期の漢詩人にも関心をよせ,42年「江戸後期の詩人たち」で高村光太郎賞と読売文学賞。61年芸術院賞。平成2年「菅茶山」で大仏(おさらぎ)次郎賞。芸術院会員。平成15年2月10日死去。93歳。東京出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

富士川英郎の関連キーワード菅茶山(かんさざん)ホフマンスタール富士川義之菊池五山斎藤拙堂大窪詩仏梁川星巌江馬細香藤井竹外六如

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android