コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富岡惣一郎

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

富岡惣一郎

旧高田市(上越市)出身の洋画家。1922~94年。60年代前半、黄変や亀裂が起こらず、独特の暗い光沢をもった白絵の具を開発し、「トミオカホワイト」と呼ばれる。南北アルプスや北海道、越後、アラスカなどを取材し、「白の世界シリーズ」を描いた。

(2011-05-26 朝日新聞 朝刊 新潟全県 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富岡惣一郎 とみおか-そういちろう

1922-1994 昭和後期-平成時代の洋画家。
大正11年1月8日生まれ。昭和29年新制作協会展に初入選,38年同会会員となる。40-47年滞米,各地で個展を開催。59年東郷青児美術館大賞。トミオカホワイトとよばれる白を基調とした「雪国」などの作品で知られた。平成6年5月31日死去。72歳。新潟県出身。高田商業卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

富岡惣一郎の関連キーワードトミオカホワイト美術館新潟県南魚沼市上薬師堂