コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和光 ワコウ

デジタル大辞泉の解説

わ‐こう〔‐クワウ〕【和光】

和光同塵(どうじん)」の略。
光をやわらげること、また、やわらかな光。
「わが朝の天神地祇感応の―を添へ」〈浄・用明天王

わこう【和光】[地名]

埼玉県南部の市。もと川越街道の宿場町。東京都に北接し、住宅地・工業地化が進む。自動車工業などが盛ん。人口8.0万(2010)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

和光

東京都中央区にあるショッピングセンター。1947年オープン

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

わこう【和光】

仏が本来の智慧ちえの力をやわらげること。また、「和光同塵」の略。 「仏法の大きなる益をも悟らず、-の深き心をも知らず/沙石
おだやかな威光。 「天神地祇感応の-を添へ/浄瑠璃・用明天皇」

わこう【和光】

埼玉県南部の市。もと川越街道の宿場町。自動車・電機工業が立地。近年、住宅地として発展。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

和光の関連情報