コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富樫持春 とがし もちはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富樫持春 とがし-もちはる

1413-1433 室町時代の武将。
応永20年生まれ。富樫満春の子。15歳で家督をつぎ,加賀(石川県)の守護となる。4代将軍足利義持の信任があつく,将軍の相伴衆のひとりとなるが,永享5年閏(うるう)7月10日21歳で死去。守護職(しき)は弟の教家(のりいえ)がついだ。通称は富樫介。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

富樫持春の関連キーワード室町時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android