コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田久三郎(2) とみた きゅうざぶろう

1件 の用語解説(富田久三郎(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田久三郎(2) とみた-きゅうざぶろう

1852-1937 明治-昭和時代前期の化学者,実業家。
嘉永(かえい)5年2月22日生まれ。祖父に化学,冶金(やきん),製薬法をまなぶ。明治5年静岡県で製薬業をはじめ,製塩の廃物である苦汁(にがり)から10年炭酸マグネシウム,23年塩化カリウムの製造に成功。26年徳島県瀬戸村(鳴門市)に富田海産塩類製造所を設立した。昭和12年12月31日死去。86歳。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

富田久三郎(2)の関連キーワード天田貞吉木村恒夫小杉武司斎藤二朗鈴木諦教千宗左(12代)中御門経隆降矢芳郎松山茂森連

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone