鳴門市(読み)なると

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳴門〔市〕
なると

徳島県北東端,北は播磨灘,東は鳴門海峡,南東部は紀伊水道に面する市。 1947年無養 (むや) ,鳴門,瀬戸の3町と里浦 (さとうら) 村が合体して鳴南 (めいなん) 市となり,同年鳴門市と改称。 55年大津村,56年北灘 (きたなだ) 村,67年大麻 (おおあさ) 村を編入。市北西部は讃岐山脈の東端にあたり,南部は徳島平野に広がる。大毛島,島田島,高島を市域に含む。本州四国連絡道路の大鳴門橋と小鳴門橋が完成し淡路島と陸路で結ばれた。中心市街地は JR鳴門線終点の鳴門駅を中心に東西に延びる。近くに撫養 (むや) 港があり,農産物,家畜,石材,工業製品などが積出されている。かつて盛んだった製塩は現在は全廃され,主産業は製薬などの化学工業となった。農産物はレンコン,スイカなど,水産物はワカメ,サクラダイなどがとれる。観光的には,鳴門の渦潮,鳴門公園,四国八十八ヵ所第1番札所霊山寺,2番札所極楽寺,大麻比古神社など数多くの古社寺がある。土佐泊浦の鳴門の根上りマツは天然記念物。鳴門海峡付近一帯は名勝。北西部の大麻山付近は大麻山県立自然公園,市域周辺の海域は瀬戸内海国立公園に属する。鳴門の製塩用具は重要民俗文化財。 JR高徳線,国道 11号線,28号線が通じるほか,本州四国連絡道路のインターチェンジがある。面積 135.66km2。人口 5万9101(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳴門市の関連情報