コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田大鳳 とみた たいほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田大鳳 とみた-たいほう

1762-1803 江戸時代中期-後期の儒者,医師。
宝暦12年生まれ。富田春山の長男。肥後熊本藩につかえる。父に医学と荻生徂徠(おぎゅう-そらい)の学をまなぶ。寛政3年藩医学校の再春館師役。「大東敵愾(てきがい)忠義編」などをあらわし,幕末の肥後勤王党の成立に影響をあたえた。享和3年2月25日死去。42歳。字(あざな)は伯図。通称は大淵。号は日岳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

富田大鳳の関連キーワード富田日岳儒者

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android