コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田大鳳 とみた たいほう

1件 の用語解説(富田大鳳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田大鳳 とみた-たいほう

1762-1803 江戸時代中期-後期の儒者,医師。
宝暦12年生まれ。富田春山の長男。肥後熊本藩につかえる。父に医学と荻生徂徠(おぎゅう-そらい)の学をまなぶ。寛政3年藩医学校の再春館師役。「大東敵愾(てきがい)忠義編」などをあらわし,幕末の肥後勤王党の成立に影響をあたえた。享和3年2月25日死去。42歳。字(あざな)は伯図。通称は大淵。号は日岳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

富田大鳳の関連キーワード北村季春太田九井狩野探牧神崎寛済桜井栗堂三鍼諏訪幾平樗雲花安松江子蓑内可董

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone