コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田正文 とみた まさふみ

2件 の用語解説(富田正文の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

富田正文

評論家。明治31年(1898)茨城県生。慶大卒。文学誌『青銅時代』に参加、また『三田文学』の編集を担当する。『福沢諭吉全集』を完成して日本学士院賞を受け、慶大名誉教授となる。戦後の大学通信教育経営にも功績を残す。慶応通信株式会社会長。著書に『福沢諭吉雑攷』がある。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田正文 とみた-まさふみ

1898-1993 大正-平成時代の評論家。
明治31年8月20日生まれ。慶大在学中から石河幹明の助手となり,福沢諭吉の全集編集,伝記作成にあたる。昭和40年「福沢諭吉全集」の編集責任者をつとめた業績により学士院賞をうけ,慶大名誉教授となる。慶応通信の社長,のち会長。平成5年8月27日死去。95歳。茨城県出身。著作に「考証 福沢諭吉」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

富田正文の関連キーワード佐々木基一石川喬司海野弘江藤文夫折原脩三酒井美意子塚原亮一樋口恵子武蔵野次郎森秀人

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone