コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田正文(読み)とみた まさふみ

美術人名辞典の解説

富田正文

評論家。明治31年(1898)茨城県生。慶大卒。文学誌『青銅時代』に参加、また『三田文学』の編集を担当する。『福沢諭吉全集』を完成して日本学士院賞を受け、慶大名誉教授となる。戦後の大学通信教育経営にも功績を残す。慶応通信株式会社会長。著書に『福沢諭吉雑攷』がある。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田正文 とみた-まさふみ

1898-1993 大正-平成時代の評論家。
明治31年8月20日生まれ。慶大在学中から石河幹明の助手となり,福沢諭吉の全集編集,伝記作成にあたる。昭和40年「福沢諭吉全集」の編集責任者をつとめた業績により学士院賞をうけ,慶大名誉教授となる。慶応通信の社長,のち会長。平成5年8月27日死去。95歳。茨城県出身。著作に「考証 福沢諭吉」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android