コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石河幹明 いしかわ みきあき

1件 の用語解説(石河幹明の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石河幹明 いしかわ-みきあき

1859-1943 明治-昭和時代前期のジャーナリスト。
安政6年10月17日生まれ。福沢諭吉の創刊した「時事新報」の記者となり,のち編集長として活躍。母校慶応義塾の評議員もつとめ,大正12年からは福沢諭吉の著作の編集に尽力した。昭和18年7月25日死去。85歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。編著に「福沢諭吉伝」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の石河幹明の言及

【池辺三山】より

…報道主義の立場から海外報道の充実や〈つや種〉の社会面からの排除など紙面の近代化を進めたほか,夏目漱石と朝日新聞社の専属契約,二葉亭四迷の庇護(ひご),新人作家の起用など近代文学史上にも特筆すべき足跡を残している。その論説の筆力は,《国民新聞》の徳富蘇峰,《時事新報》の石河幹明とともに〈三名主筆〉と称せられた。【佐々木 隆】。…

※「石河幹明」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石河幹明の関連キーワード伊藤松宇二条基弘浅野多吉宇治紫文(4代)川瀬光順速水滉原恒太郎平木政次弘田長吉田芳明

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石河幹明の関連情報