コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛意 かんい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寛意 かんい

1054-1101 平安時代中期-後期の僧。
天喜(てんぎ)2年生まれ。敦貞(あつさだ)親王の王子。仁和(にんな)寺の性信入道親王のもとで出家し,のち灌頂(かんじょう)をうける。円宗寺別当をへて寛治(かんじ)3年(1089)東寺長者となり,翌年権(ごんの)大僧都にすすんだ。のち高野山に隠棲し,遍照光院中興。真言密教広沢流のひとつ観音院流の祖。康和3年6月15日死去。48歳。通称は観音院僧都。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

寛意の関連キーワード覚行法親王敦貞親王兼意天喜

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android