コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛意 かんい

1件 の用語解説(寛意の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寛意 かんい

1054-1101 平安時代中期-後期の僧。
天喜(てんぎ)2年生まれ。敦貞(あつさだ)親王の王子。仁和(にんな)寺の性信入道親王のもとで出家し,のち灌頂(かんじょう)をうける。円宗寺別当をへて寛治(かんじ)3年(1089)東寺長者となり,翌年権(ごんの)大僧都にすすんだ。のち高野山に隠棲し,遍照光院を中興。真言密教広沢流のひとつ観音院流の祖。康和3年6月15日死去。48歳。通称は観音院僧都。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

寛意の関連キーワードダイコベト藤原師実10進法児童虐待増える児童虐待超新星東西教会の分裂東方正教会四日市コンビナート明月記と超新星

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone