遍照光院(読み)へんじょうこういん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遍照光院
へんじょうこういん

和歌山県高野町にある高野山の山内寺院の1つで,高野山真言宗の別格本山空海開基と伝えられ,院号は空海がこの地で禅定の際にたびたび光を放ったという伝承に由来する。本尊は,空海自刻といわれる柿不動 (こけらふどう) 。寺宝の紙本着色『山水人物図』は,池大雅代表作の1つで,国宝に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android