コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

性信入道親王 しょうしんにゅうどうしんのう

1件 の用語解説(性信入道親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

性信入道親王 しょうしんにゅうどうしんのう

1005-1085 平安時代中期-後期,三条天皇の第4皇子。
寛弘(かんこう)2年8月1日生まれ。8年親王となり,寛仁(かんにん)2年真言宗仁和(にんな)寺で出家,治安(じあん)3年済信(さいしん)に灌頂(かんじょう)をうける。承暦(じょうりゃく)元年法勝寺(ほっしょうじ)検校(けんぎょう)。孔雀(くじゃく)経法をしばしば修し,空海の再来と称され大御室とよばれた。応徳2年9月27日死去。81歳。俗名は師明(もろあきら)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

性信入道親王の関連キーワード平安時代平安時代文学覚実(1)雄安感世菅原有真藤原経衡源資通妙法(1)