コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛静 かんじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寛静 かんじょう

901-979 平安時代中期の僧。
延喜(えんぎ)元年生まれ。真言宗寛平(かんぴょう)法皇(宇多天皇)にしたがって出家し,兄の寛空(かんぐう)から灌頂(かんじょう)をうける。天慶(てんぎょう)3年平将門(まさかど)の乱の鎮定を祈願。貞元(じょうげん)2年(977)僧正となる。この間,東寺長者,高野山座主をつとめた。仁和寺(にんなじ)西院にすんだことから西院僧正とよばれた。天元2年10月11日死去。79歳。俗姓文屋

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

寛静の関連キーワード狩野良信延喜

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android