コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛空 かんぐう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寛空 かんぐう

884-972 平安時代中期の僧。
元慶(がんぎょう)8年生まれ。寛静(かんじょう)の兄。京都の人。真言宗。宇多法皇につかえ,延喜(えんぎ)18年大覚寺で法皇から灌頂(かんじょう)をうける。東寺長者,仁和(にんな)寺別当などをへて康保(こうほう)元年僧正となった。蓮台寺をひらき,のち香隆寺とあらためた。天禄(てんろく)3年2月(一説に閏(うるう)2月)6日死去。89歳。俗姓文室(ふんや)。通称は蓮台寺僧正,香隆寺僧正。著作に「七支念誦次第(しちしねんじゅしだい)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

寛空の関連キーワード寛空(かんくう)上品蓮台寺仁和寺一乗院救世東密声明寛朝寛忠元杲雅真定昭

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android