コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛空 かんぐう

1件 の用語解説(寛空の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寛空 かんぐう

884-972 平安時代中期の僧。
元慶(がんぎょう)8年生まれ。寛静(かんじょう)の兄。京都の人。真言宗。宇多法皇につかえ,延喜(えんぎ)18年大覚寺で法皇から灌頂(かんじょう)をうける。東寺長者,仁和(にんな)寺別当などをへて康保(こうほう)元年僧正となった。蓮台寺をひらき,のち香隆寺とあらためた。天禄(てんろく)3年2月(一説に閏(うるう)2月)6日死去。89歳。俗姓は文室(ふんや)。通称は蓮台寺僧正,香隆寺僧正。著作に「七支念誦次第(しちしねんじゅしだい)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

寛空の関連キーワード恒貞親王恒貞親王陽成天皇光孝天皇鶴見空襲空也丹波高地海地世尊寺流飛鳥部常則

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

寛空の関連情報