コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寝釈迦 ネシャカ

デジタル大辞泉の解説

ね‐しゃか【寝×迦】

《「ねじゃか」とも》釈迦入滅のときの寝姿をかたどった像。涅槃(ねはん)像。寝仏(ねぼとけ)。 春》「小うるさい花が咲くとて―かな/一茶

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねしゃか【寝釈迦】

〔「ねじゃか」とも〕
死に臨んで横たわっている釈迦。また、それを描いた図像。涅槃ねはん像。 [季] 春。 《 葛城の山懐に-かな /阿波野青畝 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

寝釈迦の関連キーワードシュエッターリャウンパゴダ〈バゴー〉ワットチャヤマンカララームシュエターリャウンパゴダ群馬県みどり市東町沢入チャウッタージーパゴダチャウタージーパゴダスータウンピーパゴダワットハートヤイナイ正法寺(京都市)ウィンセントーヤボディタタウンカオプーン洞窟ブッダパーク新利根[町]アユタヤ遺跡マヌーハ寺院寝釈迦仏寺院バプーオン阿波野青畝ワットポー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寝釈迦の関連情報