コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

察哈爾事件 チャハルじけん

1件 の用語解説(察哈爾事件の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

チャハルじけん【察哈爾事件】

1935年6月関東軍特務機関員4名が中国河北の張北で宋哲元の軍隊(第29軍)に連行された事件。4名は多倫から張家口へ行く途中に,張北県北城門を通過する際,通過護照を携帯していなかったため,城内宋軍132師司令部に連行され,護照携行を条件に宋の指示で釈放された。これは日本の華北工作に対する抗日運動のあらわれであったが,軍部はこの事件を口実に高圧的に出て,6月27日土肥原・秦徳純協定(張北事件に対する陳謝と責任者の免職,宋軍の撤退,察哈爾省内での正当な行為の尊重など)を結ばせた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

察哈爾事件の関連キーワード日本浪曼派治安維持法挟みトヨダトラックG1型雪之丞変化芥川賞直木賞日本共産党予讃線文学賞

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone