陳謝(読み)ちんしゃ

精選版 日本国語大辞典「陳謝」の解説

ちん‐しゃ【陳謝】

〘名〙 (古く「ちんじゃ」とも) 事情を述べてわびること。
※吾妻鏡‐養和元年(1181)三月七日「本自不異心之条、以去年度々功、定思食知歟之由、再三之上」
※太平記(14C後)三三「則竹沢が所帯を没収して、其身を追出されけり。竹沢一言の陳謝(チンジャ)にも及ばず」 〔隋書‐梁睿伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「陳謝」の解説

ちん‐しゃ【陳謝】

[名](スル)事情を述べてわびること。「不祥事を深く陳謝する」
[類語]謝る謝するわびわび言平謝りわびる謝罪多謝恐縮有り難いわびるかたじけないうれしいもったいないおそれ多い幸甚恐懼恐れ入る痛み入る心苦しい身に余る過分

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android