コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

察度王 さっとおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

察度王 さっとおう

1321-1395 琉球の王。
察度王統初代。在位1350-95。玉城王8年生まれ。奥間大親(うふや)の子。母は羽衣伝説天女とされる。浦添按司(うらそえあじ)となり,のち英祖王統にかわって中山(ちゅうざん)王となる。明(みん)(中国)の太祖(洪武(こうぶ)帝)の要請で明と外交関係をむすび,進貢貿易をはじめる。東南アジア,朝鮮との貿易にもつくす。察度王46年10月5日死去。75歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

察度王の関連キーワード武寧王(2)ミンサー尚忠王頼重

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android