コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

察度王 さっとおう

1件 の用語解説(察度王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

察度王 さっとおう

1321-1395 琉球の王。
察度王統初代。在位1350-95。玉城王8年生まれ。奥間大親(うふや)の子。母は羽衣伝説の天女とされる。浦添按司(うらそえあじ)となり,のち英祖王統にかわって中山(ちゅうざん)王となる。明(みん)(中国)の太祖(洪武(こうぶ)帝)の要請で明と外交関係をむすび,進貢貿易をはじめる。東南アジア,朝鮮との貿易にもつくす。察度王46年10月5日死去。75歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

察度王の関連キーワード元亨察度北条随時ダンテの墓元応農林水産省のヤミ専従疑惑専称寺日奈久[温泉]フランス料理一色詮範

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

察度王の関連情報