コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寧夏の乱 ねいかのらんNing-xia; Ning-hsia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寧夏の乱
ねいかのらん
Ning-xia; Ning-hsia

中国,明代中期寧夏に起った安化王朱し鐇 (しはん) の反乱。し鐇は洪武帝の第 16子慶靖王の曾孫で,弘治5 (1492) 年王爵を継いだ。当時,宦官劉瑾は寧夏の屯田を測量し,租税を過重に取立てようとした。し鐇はそれを恨み,孫景文らにそそのかされ,君側の奸を除くためと称して正徳5 (1510) 年反乱を起したが,寧夏参将仇鉞 (きゅうえつ) らの奇計により鎮定された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ねいかのらん【寧夏の乱】

中国,明の中期に安化王朱寘鐇(しゆしはん)が起こした反乱。寘鐇は洪武帝の第16子(せん)の曾孫で,1492年(弘治5)に安化王の位をついだ。生来狂気の性分があったとされ,帝位を望んで反乱を企て,寧夏衛の生員(学生)孫景文らと交わっていた。たまたま1510年(正徳5),宦官劉瑾(りゆうきん)が大理寺少卿周東を遣わして寧夏の屯田を測量し,租税の増徴をはかって将卒憤激を買うと,寘鐇はこの機をとらえて劉瑾の罪状を数え,君側の奸を除くことを名として兵を挙げた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

寧夏の乱の関連キーワード帝位

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android