コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寧王の乱 ねいおうのらんNing-wang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寧王の乱
ねいおうのらん
Ning-wang

中国,明代中期の王族朱宸濠の反乱洪武帝の第 17子寧献王朱権の5世の孫朱宸濠は,弘治 10 (1497) 年封を継いで寧王となり,南昌に居住した。寧王の家は天順年間 (57~64) ,不法のことで護衛を除かれていたが,皇帝の近習賄賂を贈って護衛を回復させ,のち中央政府の弛緩に乗じて奸臣たちと通じ,無頼の徒を集め,良民田宅子女を奪い,武器を製造して挙兵の機をうかがった。しかし正徳 14 (1519) 年叛意を政府に知られ,政府は討伐軍を派遣し,王守仁 (→王陽明 ) らの活躍で乱を鎮圧した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ねいおうのらん【寧王の乱】

中国,明代中期の王族,寧王朱宸濠(しゆしんごう)の反乱。洪武帝の第17子権ははじめ北京東北の大寧に封ぜられて寧王と称したが,永楽帝のとき江西の南昌に封を移され,その5世の孫である朱宸濠は,1499年(弘治12)寧王となった。寧王府は天順年間(1457‐64)から護衛を除かれていたが,朱宸濠は皇帝の側近に賄賂を贈ってこれを回復し,以来付近の地方官を弾圧し,民間の田宅を奪い,無頼の徒を集め,武器を製造して,まさに帝位を乗っ取ろうとした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android