コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寧王の乱 ねいおうのらん Ning-wang

2件 の用語解説(寧王の乱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寧王の乱
ねいおうのらん
Ning-wang

中国,明代中期の王族朱宸濠の反乱。洪武帝の第 17子寧献王朱権の5世の孫朱宸濠は,弘治 10 (1497) 年封を継いで寧王となり,南昌に居住した。寧王の家は天順年間 (57~64) ,不法のことで護衛を除かれていたが,皇帝の近習に賄賂を贈って護衛を回復させ,のち中央政府の弛緩に乗じて奸臣たちと通じ,無頼の徒を集め,良民の田宅子女を奪い,武器を製造して挙兵の機をうかがった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ねいおうのらん【寧王の乱】

中国,明代中期の王族,寧王朱宸濠(しゆしんごう)の反乱。洪武帝の第17子権ははじめ北京東北の大寧に封ぜられて寧王と称したが,永楽帝のとき江西の南昌に封を移され,その5世の孫である朱宸濠は,1499年(弘治12)寧王となった。寧王府は天順年間(1457‐64)から護衛を除かれていたが,朱宸濠は皇帝の側近に賄賂を贈ってこれを回復し,以来付近の地方官を弾圧し,民間の田宅を奪い,無頼の徒を集め,武器を製造して,まさに帝位を乗っ取ろうとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

寧王の乱の関連キーワード唐寅武寧王陵劉瑾映ゆし耳映ゆし小野崎師由利随武寧王(2)山田好之朱宸濠

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone