コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当時 トウジ

デジタル大辞泉の解説

とう‐じ〔タウ‐〕【当時】

過去のある時点、ある時期。その時。そのころ。「当時を思い出す」「当時はやった曲」「終戦当時
現在。いま。
「―人心の未だ一致せざるを匡済するに」〈陸羯南・近時政論考〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうじ【当時】

過去の一時期をさしていう。昔のそのころ。あのころ。 「 -を知る人はもういなくなった」 「 -の流行」
現在。今。 「何と云つても時代遅れだから-の人気じんきに向くものは出来ねえ/社会百面相 魯庵

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

当時の関連キーワードベートーヴェン:ヴラニツキーのバレエ「森のおとめ」のロシア舞曲の主題による12の変奏曲/piano soloヤナーチェク:主題と変奏ヤナーチェク:霧の中で/piano solo兵庫県西宮市の建築士夫妻刺殺事件周南5人連続殺害・放火事件プリマスプランテーション坂本弁護士一家殺害事件長野・愛知4人殺害事件グレート・ブリテン号世田谷一家殺害事件ヴァーゲンザイル宅見組長射殺事件10・8羽田闘争十和田観光ホテル筧被告の起訴内容チェーンレター読書[発電所]二条河原落書アンジャベルツォップ様式

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

当時の関連情報