当時(読み)とうじ

精選版 日本国語大辞典「当時」の解説

とう‐じ タウ‥【当時】

〘名〙
① ただいま。現在。現今。今日(こんにち)
※宇津保(970‐999頃)祭の使「たうじの博士あはれ浅く、貪慾深くして」
※華々しき一族(1935)〈森本薫〉二「『妾は、私でなければ生きて行けないって人を待ってるの』『当時一寸難しい註文だな』」 〔管子‐国准〕
② 過去のある時点を、あとからふり返っていう。その時。その頃。その当時。往時。そのかみ。その昔。
※懐風藻(751)賀五八年〈刀利宣令〉「下宴当時宅、扱雲楽広天」
※疑惑(1919)〈芥川龍之介〉「当時の私はその原因が、全く私の臆病に根ざしてゐるのだと」 〔荀子‐儒効〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「当時」の解説

とう‐じ〔タウ‐〕【当時】

過去のある時点、ある時期。その時。そのころ。「当時を思い出す」「当時はやった曲」「終戦当時
現在。いま。
「―人心の未だ一致せざるを匡済するに」〈陸羯南・近時政論考〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android