寺小姓(読み)てらこしょう

精選版 日本国語大辞典「寺小姓」の解説

てら‐こしょう ‥こシャウ【寺小姓】

〘名〙 寺にあって、住持雑用をつとめた少年。男色の対象とされることが多く、女が扮(ふん)することもあった。寺若衆。ちご。
※浮世草子・好色一代男(1682)三「竹一村の奥にちらりとお寺扈従(テラコシャウ)のみえける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「寺小姓」の解説

てら‐こしょう〔‐こシヤウ〕【寺小姓】

住職そばに仕え、雑用を務めた少年。男色の相手ともなり、女が扮することもあった。寺若衆。ちご。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android