寺田市十(読み)てらだ いちじゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺田市十 てらだ-いちじゅう

1863-1924 明治-大正時代の織物技術者。
文久3年10月10日生まれ。明治25年から生地静岡県福田(ふくで)村でコール天織物を製造。43年コール天の製造技術をもとに別珍(べっちん)の研究をはじめ,大正元年製造方法を完成させ,全国特産品博覧会で一等金賞牌をえた。大正13年11月13日死去。62歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android