コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

別珍 べっちん

6件 の用語解説(別珍の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

別珍
べっちん

ベルベティーン velveteenの転訛語で,綿ビロードの通称。緯パイル織物の一種。地組織の上に,規則的に緯糸を浮かせて織り上げたのち,パイルを中ほどでカットして,織物表面全体に毳 (けば) 立たせたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ベッチン

velveteenから》綿糸を用いて織り、毛羽(けば)を表面に出したビロード。女性・子供服地、足袋・鼻緒などに用いる。唐天(からてん)。
[補説]「別珍」とも書く。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

別珍【べっちん】

英語のベルベティーンvelveteenの転訛した語。唐天とも。綿ビロードの一種。緯(よこ)ビロードで,緯糸の一部を浮織とし,織った後に先を切り短い毛羽をたたせる。
→関連項目輪奈織

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

べっちん【別珍】

綿ビロードのこと。英語のベルベティーンvelveteenがなまった名称で,〈別珍〉は当て字1917年東京の松井良輔が足袋の商標として別珍名を用いて以来,通称名となったといわれる。18世紀の中ごろフランスリヨンで製織されはじめ,その後イギリスではマンチェスターが著名な産地となった。日本では明治20年代に国産のものが製織されはじめ,明治から大正にかけて婦人服,子供服,足袋,鼻緒地などに広く活用された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

べっちん【別珍】

〔ベルベティーン(velveteen)の転〕
綿のビロード。婦人服地・子供服地・足袋地などに使う。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

別珍
べっちん

ベルベティーンvelveteenの日本語化したもので、添毛(てんもう)織ビロードの一種。この別珍は緯(よこ)糸を切ってパイルとした緯毛ビロードで、まず地の組織を平織または綾(あや)織とし、それに毛緯を幾本かの経(たて)糸を越えて畝(うね)のように組織させ、織り終わってから生地(きじ)を台の上に置いて、剪毛刀(せんもうとう)でループになった毛緯を切り、整理仕上げをする。主産地は、静岡県磐田(いわた)市南東部(旧福田(ふくで)町地域)で、婦人・子供服によく用いられている。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

別珍の関連キーワードコール天別珍別珍別珍コール天別珍別珍

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

別珍の関連情報