コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺田正重 てらだ まさしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺田正重 てらだ-まさしげ

1618-1674 江戸時代前期の柔術家。
元和(げんな)4年4月16日生まれ。寺田平左衛門の次男。父の貞心流和(やわら)術をまなぶ。起倒流鎧組討(よろいくみうち)をひらき,さらに柔剣をあわせた武術の直信(じきしん)流の祖となる。のち出雲(いずも)松江藩につかえた。延宝2年8月17日死去。57歳。若狭(わかさ)(福井県)出身。名はのち満英(みつひで)。通称は勘右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寺田正重
てらだまさしげ
(1618―1674)

近世初期の柔術家。雲州松江藩の直心(じきしん)流柔術(のち柔道直信(じゅうどうじきしん)流と改称)の祖。通称勘右衛門、のち満英(みつひで)。寺田氏は若狭(わかさ)国小浜(おばま)の京極高次(きょうごくたかつぐ)の家臣。1634年(寛永11)高次の没後、子忠高は松江に移封、さらに忠高の急逝によって除封となり、正重は浪人の悲運にあったが、松平直政に採用され松江にとどまった。幼少より父平右衛門定安(さだやす)に貞心(ていしん)流軍陣和(ぐんじんやわら)術を、ついで京都の叔父八右衛門頼重に茨木(いばらき)専斎の起倒(きとう)流乱(みだれ)を学び、自ら考案した無拍子(むびょうし)の理をもって取形を表十四形、裏七形に改編し、「起倒流兵法鎧組討(へいほうよろいくみうち)」と名づけ、作州津山藩の吉村兵助扶寿(よしむらひょうすけすけなが)に伝授した。のち僧沢庵(たくあん)の不動智(ふどうち)の妙理を加えて、直心流柔術と称した。[渡邉一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

寺田正重 (てらだまさしげ)

生年月日:1618年4月16日
江戸時代前期の柔術家
1674年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

寺田正重の関連キーワード福野七郎右衛門寺田勘右衛門生年月日吉村兵助元和

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android