コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺町通り テラマチドオリ

デジタル大辞泉の解説

てらまち‐どおり〔‐どほり〕【寺町通り】

京都市街地を南北に走る道路の呼び名。北の鞍馬口(くらまぐち)通りから南の五条通りに至る。全長約4.6キロ。平安京の東京極(ひがしきょうごく)大路にあたる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

寺町通りの関連キーワード高田(新潟県)上立売通り二条通り新京極

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寺町通りの関連情報