コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺町通り テラマチドオリ

デジタル大辞泉の解説

てらまち‐どおり〔‐どほり〕【寺町通り】

京都市街地を南北に走る道路の呼び名。北の鞍馬口(くらまぐち)通りから南の五条通りに至る。全長約4.6キロ。平安京の東京極(ひがしきょうごく)大路にあたる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

寺町通りの関連キーワード高田(新潟県)上立売通り二条通り新京極

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寺町通りの関連情報