コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対比誤差

1件 の用語解説(対比誤差の意味・用語解説を検索)

人材マネジメント用語集の解説

対比誤差

・絶対基準ではなく、自分自身(評価者)、あるいは誰かを基準にして、被評価者を評価するエラーのこと。対比誤差により、被評価者の評価を過大あるいは、過小に評価してしまう危険性がある。
・エラーは、得意分野を有する評価者や不得手な分野を持つ評価者に発生しやすい。特に、優秀なプレーヤーだったマネジメント評価者)が、部下を評価する際に「何故こんなことも出来ないのか」と自身(評価者)の経験や実績と比較して部下を過小評価するケースが多い。逆に、自分自身(評価者)を基準として、優れたスキルをもつ被評価者に対しては、実際の評価以上に高く評価してしまうケースもある。
・評価者(評価者)の得意な事については、比較的厳しく評価する。不得意な事については比較的甘く評価してしまう傾向があるため、自身(評価者)と反対または同じ特性を有する被評価者を評価する際、特に注意する必要がある。
・対比誤差は、人事評価時における評価内容の正当性との乖離を表現する際に用いられ、人事評価時に評価者が留意する事項として用いられる。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

対比誤差の関連キーワード一人称己が己心の弥陀自家自得自分自身多面評価評価者訓練新耐震基準と旧基準の違い厳格化傾向

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone