コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過小評価 カショウヒョウカ

デジタル大辞泉の解説

かしょう‐ひょうか〔クワセウヒヤウカ〕【過小評価】

[名](スル)物事を実際よりも低く見積もったり評価したりすること。「実力を過小評価する」⇔過大評価

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かしょうひょうか【過小評価】

( 名 ) スル
物事の価値を実際より低く見積もること。 ⇔ 過大評価 「敵の戦力を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

過小評価の関連キーワードクリーム(ロック・グループ)アーネスティン アンダーソン揺れる原発耐震指針ノーベル経済学賞政治的ロマン主義作戦計画第17号A. デボリーン津波警報注意報人民元切り上げTOD測定装置ヘレロ族の反乱インドの大反乱金融商品取引法為替平衡勘定航空中心主義ナルバの戦いピークオイルアルファー値基礎的不均衡キエティスム

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

過小評価の関連情報