過小評価(読み)カショウヒョウカ

デジタル大辞泉の解説

かしょう‐ひょうか〔クワセウヒヤウカ〕【過小評価】

[名](スル)物事を実際よりも低く見積もったり評価したりすること。「実力を過小評価する」⇔過大評価

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かしょう‐ひょうか クヮセウヒャウカ【過小評価】

〘名〙 物事を評価する時、実際より低く見積もること。見くびって評価すること。⇔過大評価
※溜飲を下ぐ(1935)〈丸山幹治〉会議に懲りず「会議の過重評価を戒めるのはよいが、その過小評価(クヮセウヒョウカ)も行過ぎとなる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報