コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対象論 たいしょうろんGegenstandstheorie; object theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対象論
たいしょうろん
Gegenstandstheorie; object theory

オーストリアの哲学者 A.マイノングの提唱した哲学的立場。その師 F.ブレンターノの哲学的心理学の影響のもとに,認識の志向性の理論を展開。実在しない対象 (観念的対象) もまた真の対象であり,述語の主語たりうるとの理論に基づいて,従来の認識論が対象の存在のみを重視したのを批判して,対象がそこに実在する,あるいは観念的対象が存立するという事態性をも広く取扱うべきことを主張して,その本質を解明しようとした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の対象論の言及

【マイノング】より

…グラーツ大学教授。F.ブレンターノの学派に属し,独自の対象論を提唱した。著書には《仮定について》(1902)や《諸学の体系内での対象論の位置について》(1907)などがあり,B.A.W.ラッセルやフッサールとも交流があった。…

※「対象論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

対象論の関連キーワードアレクシウス マイノングフィンドレーオーストリア米田庄太郎こと(事)美的対象

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android