主意(読み)シュイ

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐い【主意】

主要な意図。中心となる考え方。主眼。主旨。「論文の主意を読み取る」
おもな意味や考え。趣意。
「然しそうすれば私がKを無理に引張って来た―が立たなくなる丈(だけ)です」〈漱石こゝろ
意志を、理知や感情よりも重くみること。⇔主情主知
主君の意向や意志。「主意に背く」「主意を汲む」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅい【主意】

中心となる考え。ねらい。主眼。主旨。 「法案の-」 「質問-書(=国会ガ内閣ニ提出スル質問ノ文書)」
おもな意味。趣意。 「夫でこそ…赤シャツを着て居る-も立つと云ふもんだ/坊っちゃん 漱石
理性や感情よりも意志を主要なものとすること。
主君の意志。 → 趣意(補説欄)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

主意の関連情報