専門士(読み)せんもんし

大辞林 第三版の解説

せんもんし【専門士】

専門学校を卒業した者に与えられる称号。1995年(平成7)から実施。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

専門士
せんもんし

専門学校の卒業生に与えられる称号専門学校とは、専修学校のうち、高卒者またはそれに準じた人を対象に、1年以上、年間800時間以上の授業を行い、生徒数は常時40人以上であることを設置要件とする学校である。1995年(平成7)3月の卒業生から付与されるようになった。短期大学および高等専門学校(高専)卒業者には1991年に準学士の称号が与えられることが認められたが、専門学校卒業生には称号がなかった。しかし、専修学校教育の充実が求められ、また年間1万2000人にものぼる海外からの留学生の「帰国後、正規の教育機関を卒業したと評価されにくい」という声もあり、検討が急がれていた。専門士の称号が与えられるのは、修業年限2年以上で、卒業に必要な授業時間数が1700時間以上の専門学校修了者。原則として試験による評価に基づいて卒業認定されなければならない。
 2005年(平成17)9月には、新たに高度専門士の称号が創設された。修業年限4年以上で、卒業に必要な授業時間数が3400時間以上の専門学校修了者に与えられ、大学院入学資格も得られる。[深谷昌志]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せんもん‐し【専門士】

〘名〙 専門学校卒業者に与えられる称号。準学士の称号に対応して、平成七年(一九九五)春から発足。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

専門士の関連情報