コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

射翳 マブシ

デジタル大辞泉の解説

ま‐ぶし【射翳】

猟師が獲物を射るために、柴(しば)などを折って自分のからだを隠すもの。また、隠す場所。
「―差す猟夫(さつを)の笛の声ぞとも知らでや鹿の鳴き交はすらん」〈夫木・一二〉
まちぶせすること。また、その伏兵。
「椎の木三本小楯にとり、一の―には大見小藤太」〈曽我・一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まぶし【射翳】

身を隠して鹿しかや猪いのししの来るのを待ち伏せる所。転じて、待ち伏せすること。また、その兵など。 「一の-には大見小藤太/曽我 1

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

射翳の関連キーワード大見小藤太猟夫

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android