コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

射翳(読み)マブシ

デジタル大辞泉の解説

ま‐ぶし【射翳】

猟師が獲物を射るために、柴(しば)などを折って自分のからだを隠すもの。また、隠す場所。
「―差す猟夫(さつを)の笛の声ぞとも知らでや鹿の鳴き交はすらん」〈夫木・一二〉
まちぶせすること。また、その伏兵。
「椎の木三本小楯にとり、一の―には大見小藤太」〈曽我・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まぶし【射翳】

身を隠して鹿しかや猪いのししの来るのを待ち伏せる所。転じて、待ち伏せすること。また、その兵など。 「一の-には大見小藤太/曽我 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android