コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大見小藤太 おおみ ことうだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大見小藤太 おおみ-ことうだ

?-1177 平安時代後期の武士。
伊豆(いず)大見郷(静岡県)の人。工藤祐経(すけつね)の臣。安元2年祐経と所領争いをつづけていた同族の伊東祐親(すけちか)の子,河津祐泰八幡三郎とともに暗殺。安元3年2月祐泰の弟伊東祐清らに討たれた。名は成家。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大見小藤太の関連キーワードスベッレ西光平重盛藤原成親西光西光安元治承藤原師光西行

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone