コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

将棋の駒 ショウギノコマ

大辞林 第三版の解説

しょうぎのこま【将棋の駒】

将棋に使用する五角形の木片。双方二〇枚ずつ、計四〇枚で一組。各人の二〇枚は、それぞれはたらきの異なる、王将(玉将)一、飛車・角行かつこう各一、金将・銀将・桂馬・香車きようしや各二、歩九から成る。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

将棋の駒の関連キーワード将棋誉堅焼煎餅指し手・指手一枚落ち回り将棋美濃囲い天童温泉地場産業挟み将棋将棋倒し矢倉囲い弾き将棋成駒屋飛将棋石田流将棋盤入り馬駒入れ受将棋香車歌貝

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

将棋の駒の関連情報