コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊信女王 そんしんじょおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尊信女王 そんしんじょおう

1734-1801 江戸時代中期-後期,閑院宮直仁親王の第3王女。
享保(きょうほう)19年10月9日生まれ。母は近衛基煕(もとひろ)の娘八百君。延享元年三時智恩寺にはいり得度(とくど)。関白太政(だいじょう)大臣近衛家久の養女となる。高貴の身でありながら「仏子は難苦をいとうべからず」と京都の市中で托鉢(たくはつ)した。享和元年9月25日死去。68歳。法名ははじめ尊真。幼称は栄宮(よしのみや)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

尊信女王の関連キーワード享和パーベル1世山東京伝平敷屋朝敏シャルダンブルボン朝ボルテール六如工藤平助並木寂阿