コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊性法親王(1) そんしょうほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尊性法親王(1) そんしょうほうしんのう

1194-1239 鎌倉時代,後高倉院の第2王子。
建久5年生まれ。母は北白河院承元(じょうげん)3年出家して,実全,隆安にまなぶ。一身阿闍梨(あじゃり),権大僧都(ごんのだいそうず)に任じられる。承久(じょうきゅう)3年親王となる。天台座主(ざす),四天王寺別当をつとめた。延応元年9月3日死去。46歳。通称は綾小路宮。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

尊性法親王(1)の関連キーワード鎌倉時代

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android