コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実全 じつぜん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

実全 じつぜん

1140/41-1221 平安後期-鎌倉時代の僧。
保延(ほうえん)6/永治(えいじ)元年生まれ。徳大寺公能(きんよし)の子。天台宗。比叡(ひえい)山の昌雲にまなび,恵淵より灌頂(かんじょう)をうける。宝幢院(ほうどういん)検校(けんぎょう),日吉社別当,妙法院門跡(もんぜき)をつとめ,建仁(けんにん)2年(1202)天台座主(ざす)となった。承久(じょうきゅう)3年5月10日死去。81/82歳。通称は綾小路座主。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

実全の関連キーワードイガホオズキ(毬酸漿)コミニュテッドジュース尊性法親王(1)不告不理の原則ヒルムシロ科トウモロコシ滋野井公麗蘆津実全大木 実鎌倉時代壺井義知木谷実灰星病小田実椿 実種苗保延湛空春姫全損

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

実全の関連情報