コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊道入道親王 そんどうにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尊道入道親王 そんどうにゅうどうしんのう

1332-1403 南北朝-室町時代,後伏見天皇の第11皇子。
正慶(しょうきょう)元=元弘(げんこう)2年8月21日生まれ。母は正親町(おおぎまち)実明の娘。暦応(りゃくおう)4=興国2年親王となり,出家して青蓮院(しょうれんいん)にはいる。貞和(じょうわ)3=正平(しょうへい)2年以来3度,通算24年間天台座主(ざす)をつとめた。応永10年7月5日死去。72歳。通称は後青竜院宮。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

尊道入道親王 (そんどうにゅうどうしんのう)

生年月日:1332年8月21日
南北朝時代;室町時代の後伏見天皇の第11皇子
1403年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

尊道入道親王の関連キーワード後伏見天皇生年月日室町時代南北朝正慶

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android