コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊道入道親王(読み)そんどうにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尊道入道親王 そんどうにゅうどうしんのう

1332-1403 南北朝-室町時代,後伏見天皇の第11皇子。
正慶(しょうきょう)元=元弘(げんこう)2年8月21日生まれ。母は正親町(おおぎまち)実明の娘。暦応(りゃくおう)4=興国2年親王となり,出家して青蓮院(しょうれんいん)にはいる。貞和(じょうわ)3=正平(しょうへい)2年以来3度,通算24年間天台座主(ざす)をつとめた。応永10年7月5日死去。72歳。通称は後青竜院宮。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

尊道入道親王 (そんどうにゅうどうしんのう)

生年月日:1332年8月21日
南北朝時代;室町時代の後伏見天皇の第11皇子
1403年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android